シコンのサラダ カリカリベーコン添え
シコンのサラダ カリカリベーコン添え
『準備するもの』
フライパン,ボール,へら,泡立て,茶漉し
『料理について』
少し手間をかけていただくとサラダは二倍にも、三倍にもおいしくいただけます。
また、作り手の感性でよりおいしそうなお皿ができます。
アイディアは無限大。おいしそうな「シコンのサラダ」に挑戦です。
右記の材料は3人分です。
  
材料 分量(1縲怩Q人前)
シコン※1  2個
 ベーコン  100g
 オリーブ油※2  大さじ3杯
 白ワインヴィネガー  大さじ1杯
 角切りトマト  少々
 シブレット※3  少々
 赤つぶコショウ  適量
 塩  適量
 コショウ  適量
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
※マーク詳細についてこちらをご覧ください。
※1  → アンディーブともいう
※2  → サラダ油でもOK
※3  → 万能ねぎ
準備タイトル画像
準備画像1
 シコンは苦い芯の部分を取り除きます。 小さめのトマト1個の皮を湯剥きし、種を取って、 角切りにします。
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
調理
シコンサラダ2
1.フライパンを温めて、油大さじ一杯をいれ、 つづいてベーコンをカリカリになるまでよく焼きます。 (左写真)
2.ベーコンをフライパンから取り出して、冷まします。
フライパンに残った油は取っておきます。ベーコンは冷めたら、適当な大きさに手でちぎります。
 
 
シコンサラダ2
3.フライパンに残った油を茶漉しでこしてボールに入れます。
4.ドレッシングを作ります。3のボールにさらに油大さじ2杯、 白ワインヴィネガー大さじ1杯を加え、塩、コショウをして泡立てを使って混ぜます。(左写真)
5.ボールにサラダにする材料を入れて、軽く混ぜあわせます。
 
シコンサラダ2
6.できたサラダをお皿に盛り付けて、 青味のシブレットと赤粒コショウを飾り付けます。 シコンがよれないうちに、早速食べましょう。
Bon appetit !
 
 
 
シコンの掃除
おまけ シコンの芯の掃除方法 (準備)
シコンの根の方の部分から、ぺティナイフの先を入れて、 円錐状に芯を取り除きます。 または、シコンを立てに半分に切って、芯の部分を取り除きます。
 
 
  
 
 
 
 
 
シェフの一言

「おいしい」という味覚の満足を供する前に、目で見て「おいしそう」と訴えかける視覚の演出をすることは、いわゆる高級レストランでは、とても大事なことです。 そして、それはさらにその場の雰囲気に合った形であらねばなりません。 私が勤めていたレストランでも、最初にお客様へ通される前菜の盛り付け、そして最後に出されるデザートには特にその点に気をはらっていました。 家庭でもたまにはきれいな料理を出そうということであれば、普段は使わないテーブルクロスや、食器、グラス、さらに照明などにも気をつかうことがあるでしょう。
こうしたちょっとした作業、気配りが、よりいっそう料理のおいしさとその場の雰囲気を引き立てます。 料理を作るということの楽しみはそういうことにも繋がっています。
今回、撮影の際には、サラダにもう少し青味を加えたかったのですが、当日材料に予定していたマーシュ(ハーブの一種)が市場になく、代わりに万能ねぎを使用しました。 赤味はトマトと赤つぶコショウを使いましたが、赤ピーマンやラディッシュなどでももちろん結構です。
シコンは色が白ですので、加える野菜次第でサラダはカラフルに様変わりしていきます。
いくつの色の食材が思い浮かびますか?。 また、それはシコンの味を引き立てるものですか?
全ては作り手である、皆さんの創造力次第です。 

Page Top