ホウレン草のタルト
ホウレン草のタルト
『準備するもの』
ホウレン草が茹でられる手鍋、ざる、ボール、フライパン
『料理について』
タルトといってもお菓子ではありません。 キッシュ生地にソテーしたホウレン草をひき、その上にホワイトソースをかけてグラタンにしたものです。 食材品店でキッシュの空焼きしたものを買うのが簡単な方法ですが、今回はキッシュの生地の簡単な作り方と焼き方をページの「シェフの一言」の部分に設けました。オーブンと時間のある方是非チャレンジしてみてください。
  
材料 分量(6人前)
ホウレン草  一把
バター 20g
バター(※1) 15g
小麦粉(※1) 20g
牛乳(※1) 400cc
クリーム(※1) 100cc
ナツメグ(※1) 少々
パルメザンチーズ(※1) 少々
小麦粉(※2) 250g
無塩バター(※2) 150g
卵(※2) 1個
水(※2) 25cc
塩(※2) ひとつまみ
   
   
   
   
   
   
   
   
   
※マーク詳細についてこちらをご覧ください。
※1  → ホワイトソースの材料(クリームは、濃度の調整に使います)
※2  → キッシュの生地の材料(6号サイズ、直径18cm)デパートなどで市販されています。
※3  → 
※4  → 
※5  → 
※6  → 
準備タイトル画像
準備画像1
1.ホウレン草一把がゆでれる量のお湯を沸かします。 ボールに冷水を用意します。 ホウレン草を水で軽く洗います。 沸いたお湯に軽く塩をしてホウレン草を茹でます。 茹であがったホウレン草をざるに上げ、すぐに冷水に入れます。 冷水から出したホウレン草を軽く絞って、 食べやすい長さに切ります。
 
 
   
準備画像2
2.ホワイトソースを作ります。鍋に牛乳を入れて沸かします。ホワイトソースを作る鍋にバターを入れて溶かし、溶けたらふるった粉をいれて中火で炒めます。
3.いったん粉とバターが繋がり、またしばらくすると一回分離してまた繋がります。(左写真)この時点で沸かした牛乳を少しづつ加えて伸ばしていきます。オーブンをお持ちの方は伸ばしたものを約15分オーブンに入れます。オーブンがない場合は弱火で火にかけ、絶えずヘラでかき回しながらソースに濃度をつけます。
 
 
準備画像3
4.ソースに濃度がついてきたら塩、コショウをして風味付けにナツメグを適量加えます。(左写真)濃度、味の濃さにあわせて、多少クリームを加え、好みでソースを伸ばします。ソースにダマが多くなった場合は漉して使います。
 
 
 
調理
調理画像1
1.塩茹でしたホウレン草をフライパンを使ってバターでしっかり塩・コショウし軽く炒めます。
2.タルト(またはキッシュ)生地の中に、炒めたホウレン草をひきます。
 
 
調理画像2
3.次に上からホワイトソースを適量かけます。さらにその上にパルメザンチーズを適量ふりかけ、天火で焼きます。(電子レンジの場合はグラタン焼きにします)ホワイトソースがおいしそうなグラタン状になったら出来上がりです。Bon appetit !
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
シェフの一言

では、キッシュ生地の作り方・焼き方です。まずはバターを指で押せるぐらいまで、暖かいところに置くなどしてやわらかくします。 ボールに振るった粉と塩を入れます。別のボールに卵を割り、解きほぐし、水とあわせておきます。やわらかくなったバターをボールら入れて粉と混ぜ合わせます。状態が均一なったら、ほぐした卵を3,4回に分けて注ぎ、混ぜていきます。同じく均一状態になったら生地の出来上がりです。 フードプロセッサーをお持ちの場合はすべての材料を入れて、均一の状態になるまで回転させます。 手で行う場合と違い、バターは固いままキューブ状に切って入れます。 生地を2~3時間冷蔵庫に寝かせます。 生地を空焼きします。オーブンを180度に設定します。生地を伸して、型に敷きます。型に合った型紙をひいて、中におもし(一般的には小豆を用いますが、米でもOKです)をひいて、オーブンに生地のふちに色がつくまで焼きます。次に、いったん型をオーブンから取り出し、おもしと型紙をとって再びオーブンの中に入れて焼きます。 少し面倒ですが、試してみてはいかがですか。

Page Top