ビートとチコンのサラダ
ビートとチコンのサラダ
『準備するもの』
ボール、へら
『料理について』
日本ではまだあまり知られていませんが、ビート(甜菜)はベルギーでよく食される野菜のひとつです。 生では食べることができませんので、火を通さなくてはなりませんが、電子レンジがあれば簡単にそれができます。 ビートは基本的には冬の野菜ですが、通年買うことができます。 今日はビートとチコン(アンディーブ)を使った簡単なサラダを紹介いたしましょう。
  
材料 分量(3~4人前)
ビート(中)  3個
ジャガイモ(中) 3個
チコン
 (アンディーブ)
1~2個
玉ネギ 半個
マヨネーズ 100~150g
パセリ 少々
少々
コショウ 少々
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
※マーク詳細についてこちらをご覧ください。
※1  → なし
※2  → 
※3  → 
※4  → 
※5  → 
※6  → 
準備タイトル画像
準備画像1
1.準備素材一覧
 
 
   
準備画像2
2.ジャガイモは皮を剥かずに水からゆで、火が通ったら皮を剥き、あら熱が取れた後、いちょう切りにします。ビートは洗ってラップに包んで(左写真、左下)レンジを使って火を通します。(約2~3分)ジャガイモと同じように皮を剥き、いちょう切りにします。チコンは半分に切って真の部分を取り除いたあと長さ2~3cmに切り分けます。玉葱は薄くスライスします。パセリはみじん切りにします。
 
 
 
 
 
 
 
調理
調理画像1
1.準備されたすべての野菜をボールに入れます。続いてマヨネーズを加え、塩・コショウをし、よく混ぜあわせます。
 
 
 
調理画像2
2.味をよく調えて、お皿に盛り刻んだパセリをふりかけます。フランスパンと一緒にいかがですか。Bon appetit !
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
シェフの一言

スーパーでピクルスが置いてある棚を覗くとキュウリ、ニンジンや小玉葱に混じって「ビートの酢漬け」もみかける事が多くなりました。 ビートのピクルスも他のピクルスと同様にサラダに入れたり、サンドイッチの付け合せや中身の具として使うことができます。 今回のサラダもフランスパンやトーストしたパンとの相性は抜群です。 W杯が近づき給食関係者の方や、社員食堂の方から「簡単」で「多く」できるベルギー料理はないかとの問い合わせがあり、当方で考えたひとつの答えがこのサラダです。 ベルギー料理ということでチコンをはずすことはできませんが、ビートとチコンのほかはいろいろな野菜と合わせることが可能です。 また、今回はきれいな色を出したかったのでマヨネーズ和えにしましたが、フレンチドレッシングで和えてもおいしく召し上がれます。

Page Top