鱈のオーブン焼き ホワイトビールとレモン風味
鱈のオーブン焼き ホワイトビールとレモン風味
『準備するもの』
耐熱皿、もしくはグラタン用のお皿 人数分のタラが重ならずに入る大きさのもの
『料理について』
「鱈」という漢字どおり、雪の多い季節に旬を迎えるタラ。 お鍋に入れて食べるのももちろん美味しいですが、今日はベルギー風にホワイトビールとあわせてオーブン焼きにしてみましょう。 レモンとホワイトビールの香りがフレッシュなさっぱりとした料理です。右記は4人分です。
  
材料 分量(1皿分)
タラの切り身※1   4枚
トマト※2 1~2個
玉ねぎ 1~2個
レモン 1個
ヒューガルデンホワイトビール 1本
オリーブ油※3 少々
ジャガイモ※4 少々
塩、コショウ 少々
タイム 少々
ローリエ 少々
パセリ  少々
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
※マーク詳細についてこちらをご覧ください。
※1  → 1枚100g前後のもの
※2  → トマトがお好きな方は2個ご用意ください(下記の玉ねぎ同様です)
※3  → サラダ油でOK
※4  → 付け合せ用です
※5  → 
※6  → 
準備タイトル画像
準備画像1
左写真と以下の文は内容が異なります。 オーブン火をつけ200度に温度を設定します。 まず、トマトは軽く洗ってヘタの部分を取り 5mm強の厚さにスライスします。 玉ねぎは皮をはいで、トマトと同じ厚さで丸状にスライスします。 レモンも軽く洗い薄くスライスします。 耐熱皿にオリーブオイルを軽くひいておきます。
 
 
   
準備画像2
 
 
 
 
 
 
 
 
調理
調理画像1
1.オリーブオイルをひいた耐熱皿の中に、まず玉ねぎをひきます。
次にタラ、トマトと重ねていきます。(左写真)
2.ここで、タラの上に塩、コショウをし、さらにレモンをのせます。空いた空間にパセリ、タイム、ローリエを置きます。
 
 
調理画像2
3.オーブンが温まったら、オーブンにお皿を入れる直前にホワイトビールを注ぎます。お皿の大きさに合わせて入れるビールの量は異なります。入れすぎるとビール煮になってしまうので気をつけましょう。オーブン(又はレンジ)に入れます。
4.オーブンに入れて、約20分でタラに火が通ったら出来上がりです。最後にパセリを散らします。(左写真) Bon appetit !
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
シェフの一言

「フリッツ」をいうに及ばすベルギー人は本当にジャガイモが好きです。 当然ジャガイモの食べ方もいろいろあります。 普通、今回のようなシンプルな料理にはゆでたジャガイモをに軽く塩したもの、またはバターで軽くあえたものを付け合せにします。
では、他にどういう組み合わせがあるのかというと、皆さんのよくご存知のところでは、ステーキにはフライドポテトが付きます。おなじ肉料理でもジビエなどではソースがこってりしているものが多いので、マッシュポテトを付けます。ソースとマッシュポテトを絡めて美味しいソースを全て口の中に入れることができます。ソーセージには皮付きのままゆでたジャガイモを半割にしてグリルで焼いたもの。(バターを溶かしながら食べるとこれが美味しいんです)。 仔羊にはジャガイモのグラタンなど、など。これらの組み合わせはあくまで一般的なものですから、個々ではすき好きに組み合わせて食してます。 大事なことはそれぞれの調理に合ったジャガイモを使うということです。 揚げて美味しいもの、ゆでて美味しいもの、グラタンにして美味しいもの、本当はみな種類が違います。 付け合せのジャガイモのもひとつにしても単純なようで、いろいろあるのです。

Page Top